admin

観葉植物豆知識

観葉植物につく虫対策

一般的な虫対策としては、観葉植物をじめじめした場所に置かないという方法があります。植物を枯らさないように水やりを熱心にする人も多いですが、水をやりすぎることも湿度を高まるので、虫が増殖する原因になります。観葉植物が休眠期に入る寒い季節には、あえて乾燥気味にしておくのがコツです。
観葉植物Q&A

観葉植物の葉っぱが黄色くなってきたけど大丈夫?

観葉植物も私達人間と同じように環境の変化によってついていけなくなり黄色くなったり、枯れていきます。ストレスがあると本来の艶のある綺麗な緑色の葉っぱを失う事になります。日頃から観葉植物の状態を良く観察する事で適した環境で育てる事が出来ます。
観葉植物を育てるコツ

観葉植物の置き場所

観葉植物の置き場所として、日当たりの良い場所を選ぶことは大切ですが、だからと言って直射日光を受けるような場所は気をつけなければなりません。特に夏の直射日光となると、葉が焼けてしまう可能性もあるため、夏場は日陰の涼しいところを選ぶことも大切です。
いろんな種類の観葉植物紹介

おすすめ観葉植物:ゴムの木

ゴムの木というのは、熱帯アジア発祥のクワ科フィカス属の常緑木のことです。もともとはゴムの原料だったのですが、美しい葉が癒されると注目を集めたことをきっかけに観葉植物として親しまれるようになりました。一口にゴムの木といっても800種類もあるのですが、インドゴムノキという品種が観葉植物として人気です。
観葉植物の効能

観葉植物が持つ空気清浄効果

NASAによって確認された空気清浄効果のある植物の中でも、手に入れやすく手頃で日本の気候にも対応したものを紹介しましょう。最もおすすめしたいサンスベリアは、1年を通して8℃以上の温度があれば、きれいに保てる管理のしやすさが魅力です。
観葉植物をインテリアに取り入れよう

玄関に置くのに最適な観葉植物

玄関は良い運気を迎え入れる場所とされているため、観葉植物を置くのに適している場所とも言えます。特に外から悪い気が入ってこないようにするために、陽の気を持つものを選ぶことが大切です。選ぶときには、上向きに成長して葉っぱの先がとがっているものを選ぶと良いでしょう。
観葉植物豆知識

観葉植物に起こる病気の種類

観葉植物の全体が元気がなくなった状態の場合、青枯病という細菌が原因の病気になっている可能性があります。根っこから細菌が侵入して茎から葉っぱにまで全体に広がってしまい、青々とした状態のまま元気がなく垂れたような状態になります。
観葉植物Q&A

水やりしているのに観葉植物が枯れそうなのはなぜ?

観葉植物が枯れそうなときは、水のやりすぎかもしれません。「根腐れ」という言葉があるように、水をやりすぎてしまうと根っこが呼吸できない状態になり、土中の栄養分や水分などを吸収できなくなって、最終的には枯れてしまいます。
観葉植物を育てるコツ

観葉植物に適切な水やり

観葉植物を育てる際には水やりが大切なポイントになります。ある程度までは水やりだけでも育てることができるからです。しかし水やりが適切でないと、すぐに傷んでしまったり枯れてしまったりすることもあるため、程よい水やりは観葉植物を管理するために重要となります。
いろんな種類の観葉植物紹介

おすすめ観葉植物:パキラ

パキラは熱帯地方に自生する植物で、一年を通して緑色の葉をつける常緑樹です。自然の環境で育っているパキラの中には、非常に規模が大きいものもあり、10メートル以上の高さになるものもあります。大型のパキラは木に果実をつけ、食べることができるので、現地の人に採集されています。
タイトルとURLをコピーしました