成分別サプリメント

成分別サプリメント

ここ最近では、足りない栄養はサプリメントで摂るのが普通になってきていますし、サプリメントの種類もどんどん増えていっています。でも、そのサプリメントの成分について、ちゃんと理解している人はどのくらいいるのでしょうか?
そんな人のために、当サイトでは、サプリメントの成分についての説明と、その成分別のサプリメント商品をいくつか紹介します。
まだ、サプリメントを使用したことがない人、サプリメントの成分をちゃんと理解していない人にとって、このサイトが少しでも参考になればいいなと思っています。

機能性成分 サプリメント

食品の三次機能としての生体調節機能に関与する食品成分のことを機能性成分といいます。ポリフェノールやカロテノイドなどの植物二次代謝成分は、様々な生体調節機能を示すことから代表的な機能性成分になり、この他、タンパク質やペプチドなどのタンパク質関連化合物、多糖類やオリゴ糖などの糖質、複合脂質や高度不飽和脂肪酸等の中で生体調節機能を示す成分も機能性成分なのです。

アミノ酸 サプリメント

人間の身体は水分を除けば、ほとんどがたんぱく質からできています。内臓や筋肉、消化管などを作り、血中のヘモグロビンや髪の毛、皮膚からDNAに至るまで生命に不可欠な部分のほとんどがたんぱく質で、しかも、人間の体を構成するたんぱく質の種類は10万種類になります。そして、DNAの指示によって約20種類のアミノ酸を様々な組み合わせにして、たんぱく質を作り出します。

ビタミン サプリメント

ビタミンとは、体の機能を維持する微量栄養素になります。三大栄養素である炭水化物、たんぱく質、脂質が体内でエネルギーに変わる時や、筋肉や皮膚など体の構成成分に変わる時に、転換の手助けをします。ビタミンは原則的に体内で作ることができないので、不足すると三大栄養素をうまく転換できなくなり、体にさまざまな影響を与えてしまいます。

ミネラル サプリメント

ミネラルとは、人間のからだに大切な鉱物質の栄養素のことです。人間の体の約96,6%は、炭素・窒素・水素・酸素の4元素で構成されているのですが、残りがミネラル(無機質)で構成されています。人間の身体を構成する細胞も多種類のミネラルで構成され、代謝活動でも中心的な働きをしているのです。